八街少年院で実施された、犬を使った更生プログラムとは

千葉県八街市にある「八街少年院」で行われた、犬のセラピー効果を利用した更生プログラム「GMaC」。

実は、僕の母校である少年院だ。この言い方が正しいのかさておき、非常に関心のあるトピックだ。

八街少年院で行われた、犬のセラピー効果を利用した教育プログラム

刑務所

「GMaC(ジーマック)」とという名のプログラムに込められた意味、それは、「Give Me a Chance
「私に一度チャンスを」

社会の中で様々な理由から非行をはたらき、家庭裁判所から保護処分を言い渡された少年たち。
その少年たちは、全国に52ヶ所ある少年院と呼ばれる施設へと送られる。

その施設のひとつである八街少年院で行われた、犬の持つ力を利用した教育プログラムが「GMaC」です。

このプログラムでは、少年たちが犬の訓練を通じて一つ一つの命の尊さを見つめ直し、犬との信頼関係を築く上で、忍耐力や責任感を養うことを目的としています。

実際に行われる内容は、少年1人と犬1匹がペアとなって、90分間の訓練を週4日、3ヶ月に渡って行うというもの。

注目すべきは、「鋒山さんは全体の監督は行うが、彼女が犬に直接指示を出すことはない」という点です。
あくまで、少年院生達が犬を訓練するのです。

「社会にいた頃の彼らは、他罰的な感情で物事を見る傾向が強いんです。でも、犬に怒ったところで何も進展しませんから、犬の訓練を通じて自分を見つめ直すことの重要性に気付かされるんです。」

これは、八街少年院の山下嘉一首席専門官のお言葉です。
僕もお世話になりました。笑

「昨年始められたGMaCを修了し出院した4人の生徒は全員、再非行もなく、しっかり社会生活を送っているという報告を受けています。」

実は、少年たちとペアを組むこの犬たちは動物愛護センターに収容されていた保護犬なのです。

このプログラムの名前になっているテーマ、
「ぼくにチャンスを、ということですが、この”ぼく”は参加する少年たちはもちろんですが、訓練を受ける犬たちのことでもあるんです。」

殺処分されるかもしれなかった犬が、少年との訓練を終えることで新しい家族に引き取ってもらえるかもしれない。
GMaCには、トレーナーをはじめ、山下首席専門官や関わるすべての方々の願いが込められているのです。

少年の言葉から感じたこと

犬は、嫌なものは嫌だとはっきりした態度で示します。避けたり、逃げたりしたらいいものを、噛んだり威嚇したりすることでしか気持ちを表現できない犬もいます。

もしかしたら、この少年たちも同じなのかもしれません。避けたり、逃げたり、もっと他の大事なものを知らないだけかもしれません。

我が家に『幸四郎』(ポメラニアン)がやってきて、ちょうど9年になります。
犬の持つ力の偉大さに驚かされ、勉強させられる日々を過ごしています。
思っている以上に、動物から教えられる子とっって多いんです。

「GMaCに参加したら、犬たちみんな一生懸命なんですよね。それ見てたら、今までの自分の適当な人生がイヤだなと思ったし、変えたいと思うきっかけになりました。」

私は、この少年の言葉にすべてが詰まっていると思いました。

犬は愛を教えてくれます。
偏見のない優しさを持っています。
こんな私のことを信頼して、待っていてくれます。
それに応えたい、応えなければいけないと思わせてくれます

少年を見つけた途端、しっぽをふりふりしながら、少年に向かって一直線に駆けて行く犬の姿が目に見えるように想像できます。

『動物介在型の矯正教育活動』というと、「ん?」と疑問を感じるところもありますが、僕はこの八街少年院の新しい改革を素敵だと感じました。

少年たちがどれほど熱心にトレーニングを行ったかは、犬の姿を見てもわかりますが、少年たちが短期ステイ先の家族に宛てた手紙を見ることでもうかがい知れます。

はじめは2、3行だった文章が、最後にはスペースに書ききれないぐらいになっていたそうです。

人の温もりを知った保護犬は、新しい生活へと歩を進めます。

そして院生たちも、新しい世界への挑戦が始まります。

さあ、頑張ろう。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です