少年院や刑務所で行われている更生支援

再犯や再非行を防ぐための「矯正処遇」や「矯正教育」等

(1)刑事施設(刑務所・少年刑務所・拘置所)
~受刑者の反省を促し、社会生活に適応できる力を身に付けさせる

再犯を防ぐためには、刑事施設に入所している間に自分が犯した罪の重さを自覚し反省を促すとともに、過ちを二度と起こさないよう、改善更生の意欲を呼び起こして社会生活に適応できる能力を身に付けさせることが重要です。刑事施設では、「作業」「改善指導」「教科指導」の3つの柱で構成される「矯正処遇」を通じて、受刑者に犯した罪の責任を自覚させ、社会復帰に向けた支援をします。

・作業
作業(職業訓練を含む。)は、受刑者に規則正しい勤労生活を行わせることにより、受刑者が規律ある生活態度を習得したり、勤労意欲を養ったり、職業的な知識・技能を身に付けたりすることで、社会復帰を促進することを目的としています。

・改善指導
受刑者に犯罪の責任を自覚させ、社会生活に適応するために必要な知識や生活態度を習得させるために行う指導です。すべての受刑者を対象とした「一般改善指導」と、特定の事情を有することにより改善更生や円滑な社会復帰に支障が認められる受刑者を対象とした「特別改善指導」があります。特別改善指導には、薬物依存離脱指導、暴力団離脱指導、性犯罪再犯防止指導、被害者の視点を取り入れた教育、交通安全指導、就労支援指導があります。

・教科指導
社会生活の基礎となる学力を欠くことにより改善更生や円滑な社会復帰に支障があると認められる受刑者には、小学校または中学校の教科の内容に準ずる「補習教科指導」を行うほか、更なる学力向上を図ることが、円滑な社会復帰に特に役立つと認められる受刑者に対しては、高等学校または大学の教科の内容に準ずる「特別教科指導」を行っています。

(2)少年院
~在院者の健全育成を目指して行われる「矯正教育」

少年院では、再非行をしないよう在院者に対し、矯正教育を行っています。矯正教育は「生活指導」、「教科指導」、「職業指導」、「体育指導」及び「特別活動指導」の5つの分野からなっています。

・生活指導
生活指導は矯正教育の中心的な部分を占めています。反社会的なものの見方や考え方、行動の仕方を是正させ、健全な社会生活を営むための基礎となる知識及び生活態度を習得させることを目的としています。
特定の事情を有する在院者に対しては、その改善に向けて、被害者の視点を取り入れた教育、薬物非行防止指導、性非行防止指導、暴力防止指導、家庭関係指導及び交友関係指導を実施しています。

・教科指導
義務教育未修了者には、主として中学校の課程を履習させ、高等学校教育を必要とする者には、通信制課程の教育を受けさせています。また、希望する者には、高等学校卒業程度認定試験(旧・大学入学資格検定)を受験させるなどしています。

・職業指導
在院者の多くに共通する傾向として、職業に関して必要な知識や勤労の意欲が欠けています。しかも、出院後直ちに職業生活に入る必要のある者が大部分ですので、これらの在院者に対しては、勤労意欲の向上を図り、職業に関する知識や技能を身に付けさせることが重要になります。主な種目は、溶接、木工、土木・建築、農園芸等です。

・体育指導
少年院では、各種スポーツなどを通じて、健全な身体の発達を促し、運動能力や健康で安全な生活を営む能力を育成するため、体育指導を行っています。

・特別活動指導
特別活動指導は、在院者に共通する一般的な教育上の必要性により、主として集団で行う教育活動であり、クラブ活動や文化祭、運動会などの各種行事、社会貢献活動等があります。

(3)少年鑑別所(法務少年支援センター)
~地域社会の非行及び犯罪の防止に向けた取組~

少年鑑別所は、法務少年支援センターの名称で、非行・犯罪に関する問題等に関する知識・ノウハウを活用して、児童福祉機関、学校・教育関係機関、NPO等の民間団体等、青少年の健全育成に携わる関係機関と連携を図りながら、地域における非行・犯罪の防止に関する活動や、健全育成に関する活動の支援などに取り組んでいます。

主な支援の内容

  • 子どもの発達・性格の調査
  • 子どもや保護者への心理相談
  • ケース検討会への参加
  • 研修・講演への講師派遣
  • 法教育授業等

研修の様子(写真提供:法務省)

相談室(写真提供:法務省)

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です