今、再犯防止が重要な理由

刑事施設に収容される受刑者のうち約6割が再入者。犯罪を減らすためには再犯防止が課題。

犯罪により刑事施設(刑務所、少年刑務所、拘置所)に収容された人も、非行により少年院に入院した少年も、やがて社会に戻ります。多くの人は事件への反省を踏まえて生活を立て直し、社会の健全な一員として暮らしていきます。
一方、刑事施設や少年院から出てもその後の「仕事」や「住居」がないなどのために、再び犯罪や非行をするケースが少なくありません。

刑事施設に収容される受刑者数は、全体では減少傾向にあり、特に初めて入所する「初入者」は次第に減っていますが、「再入者」は余り減っていません。入所者全体に占める再入者の割合は、平成16年から毎年上昇し続けており、平成28年は59.5%となっています(グラフ1)。
このような状況から、犯罪のない、安全で安心して暮らせる社会を実現するためには、刑事施設や少年院を出た者による再犯や再非行を防止することが重要な課題となっています。

グラフ1:入所受刑者人員・再入者率の推移

資料:法務省「矯正統計年表 平成28年」p120より


Follow me!